腎臓内科|桜ヶ丘クリニック|兵庫県伊丹市の総合内科・腎/高血圧内科

〒664-0897
兵庫県伊丹市桜ケ丘8丁目1−8
tel.072-783-8707
ヘッダー画像

腎臓内科

腎臓内科|桜ヶ丘クリニック|兵庫県伊丹市の総合内科・腎/高血圧内科

腎臓内科について

腎臓内科について

腎臓内科は、血尿・タンパク尿、浮腫(むくみ)、高血圧などが続いていたり、腎機能に異常があったりする方の腎臓を診る診療科です。
軽度の尿検査異常から、腎炎、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群、腎硬化症、急性・慢性腎不全、膠原病などに伴う腎障害、腎性貧血などを扱います。

電解質異常(カリウムやカルシウム異常など)、二次性高血圧、透析患者の種々の合併症なども治療対象です。慢性に経過する腎臓病を慢性腎臓病(CKD)といいますが、その原因には様々なものがあります。
なかでも生活習慣病(糖尿病、高血圧など)や慢性腎炎は代表的で、近年、CKDは誰もがかかる可能性のある新たな国民病といわれています。腎臓病は目立った自覚症状がないことが多く、明らかな症状が出現したときには透析をせざるを得ない状態になっていたり、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの生命を脅かす疾患にもかかりやすくなったりします。

慢性腎臓病は、早期診断と適切な治療によって進行を防ぐことで透析を回避し、脳心血管疾患にもかかりにくくすることができます。
早期発見がとても重要なので、尿検査や尿の見た目の異常、むくみや高血圧が長く続くなどの症状があれば、放置せずに受診いただくことをお勧めします。

腎臓内科でよくみられる症状

こんな症状がある方はご相談ください

  • むくみがひどい
  • 尿の泡立ちが多い
  • 尿の色や匂いがおかしい
  • 排尿時に痛みの無い血尿がある
  • 健康診断で腎機能低下やタンパク尿を指摘された
  • 複数の降圧薬を服薬しても血圧が下がらない
  • 最近、体重が増加してきた
  • 原因不明の倦怠感や疲労感がある

日常的に起こりやすい症状でも、詳細な検査を行うことで重大な病気の早期発見につながることもよくあります。
上記のような症状があれば、放置せずにお気軽にご相談ください。

腎臓内科の主な疾患

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)

慢性腎臓病(CKD)とは、時間をかけて腎臓の働きが悪くなっていく腎臓病の総称で、「腎臓の障害」もしくは「腎機能の低下」が3か月以上持続している状態と定義されています。日本の成人の8人に1人が慢性腎臓病といわれており、新たな国民病として注視されています。
主なCKDには糖尿病性腎症、腎硬化症、IgA腎症などがあります。

CKDは、初期には自覚症状がありませんが、進行すると、夜間尿、貧血、倦怠感、むくみ(浮腫)、息切れなどの症状が出現してきます。これらの症状が自覚できるときには、かなり進行しているケースが多いとされています。腎臓病は一定以上腎機能が悪くなると機能の回復が難しく、そして次第に病状が悪化していくと、最終的には人工透析が必要になってしまいます。
しかし、早期に軽度のうちに発見して治療を開始すれば、完治が期待できる病気です。健康診断でタンパク尿・血尿などの検尿異常や腎障害を指摘されたら、迷わず受診してください。

慢性糸球体腎炎

腎臓の糸球体の炎症によって、タンパク尿や血尿が長期間(1年以上)持続する病気を慢性糸球体腎炎と呼びます。
慢性糸球体腎炎の中で最も多い原因が、IgA腎症です。腎臓の糸球体に異常な免疫タンパク(糖鎖異常IgA)がたまることで、糸球体に炎症が起こり、血尿やタンパク尿が出現し、徐々に腎臓機能が低下してきます。

通常は無症状で、健康診断や学校検尿により尿所見異常(タンパク尿・血尿)で発見されることが多い疾患です。重症度にもよりますが、ステロイド剤や免疫抑制薬、あるいは一部の血圧の薬などを併用して治療します。早期発見と継続的なフォローアップが非常に重要な疾患です。

糖尿病性腎症

糖尿病は血糖コントロールが不良な期間が継続すると、三大細小血管合併症といわれる神経症、網膜症、腎症の合併症が出現してきます。
糖尿病腎症の出現には10~20年程度かかるとされており、早期の第1期・第2期では自覚症状が乏しいため、尿検査で診断します。

第3期では、むくみ、息切れ、食欲不振、満腹感などの自覚症状があり、第4期・第5期では、顔色が悪い、疲れやすい、嘔吐、筋肉の強直、つりやすい、手のしびれや痛み・腹痛と発熱といった自覚症状がでることがあります。第3期以降では、進行抑制はできますが、もとの良い状態に戻すことはできないため、第2期の段階までに発見することが重要とされています。

腎硬化症

高血圧が続くことで腎臓の血管が動脈硬化を起こし、血流が悪くなり、腎機能を失っていく病気です。
年齢を重ねて血圧が高くなっていくことで病気が進行することが知られています。初期の症状は、高血圧からくる肩こり、めまい、頭痛などを生じることもありますが、多くの場合、腎臓による症状は出ないまま病気が進みます。

健診などでタンパク尿がでて判明することもあります。
腎硬化症の治療では血圧管理が大切です。毎日時間を決めて測定し日頃の血圧を知っておきましょう。

腎性貧血

腎臓は様々なホルモンを分泌していますが、その一つに赤血球を作る働きを促進するエリスロポエチンというホルモンがあります。腎臓の機能が低下するとエリスロポエチンの分泌が減少し、赤血球を作る能力が低下して貧血になります。この貧血を腎性貧血といいます。

貧血には鉄が不足してヘモグロビンの産生が不十分になることで起きる鉄欠乏性貧血がありますが、この腎性貧血とは原因が違うため、治療方法も異なります。

急性腎障害

数時間から数日の間に急激に腎機能が低下する状態を急性腎障害といいます。
尿から老廃物を排泄できなくなり、体内の水分量や塩分量などを調節することができなくなります。

症状としては、尿量減少やむくみ、食欲低下、全身倦怠感などが現れます。

原因としては、脱水や出血により腎臓への血流が低下することや、腎臓の炎症・尿細管細胞の障害などで腎機能が低下することが挙げられます。
尿路系の閉塞によるものもあります。慢性腎臓病などに移行するケースもあり注意が必要です。

ネフローゼ症候群

尿にタンパクが大量に流れ出てしまい、血液中のタンパク質濃度が低下し、全身にむくみを生じる腎臓病の総称です。低タンパク血症や高コレステロール血症などを生じることもあります。原因は様々で、原因不明なものから糖尿病などの代謝異常や膠原病、感染症、血液疾患、悪性腫瘍まで、多くの疾患との関連性が指摘されています。

症状としては、むくみくらいのこともありますが、病態としては非常に重篤であり、腎機能障害や易感染性、血栓・塞栓症や血液凝固機能異常などのリスクが高まると考えられています。早期の段階で専門医による診察が必要な疾患です。

腎不全

腎臓病が進行して、腎臓の働きが悪くなった状態をいいます。急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年かけて腎臓の働きがゆっくり悪くなる慢性腎不全があります。

急性腎不全は腎臓機能を悪化させる原因を取り除くことができれば、腎臓機能が回復する可能性があります。症状としては、通常、尿の出が悪くなったり、全く出なくなったりします。

一方、慢性腎不全は、腎臓病の進行に伴い腎臓機能が徐々に失われる病態で、失われた腎機能が回復する見込みはほとんどありません。
腎機能の低下の程度が軽いうちは症状がありませんが、腎機能低下がかなり進むと、尿量の増加、目のまわりや足のむくみ、疲れやすい、息切れ、食欲不振、皮膚のかゆみなどの症状が出てきます。
さらに、腎不全が進んで尿毒症という状態になると、だるさ、吐き気、頭痛などのほか、呼吸困難感や出血症状など様々な症状が出てくることがあります。

多発性のう胞腎

遺伝的因子が深くかかわる疾患で、のう胞(液体が溜まった袋)が両側の腎臓に多発します。それらが大きくなる過程で、腎臓の正常組織が影響を受け、腎不全にまで至ることもあります。

健診などで偶然発見されることも少なくありません。
心臓弁膜症や脳動脈瘤などの合併リスクが高いことが知られており、適切な診断と早期の治療が求められます。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

尿路に起こる細菌感染症の一つです。
腎臓内にある尿のたまる部位を腎盂(じんう)といいますが、そこに膀胱から大腸菌などの細菌が逆流することで感染を起こします。急な発熱、悪寒、吐き気、脇腹や腰の痛みなどの症状が出ます。

抗生物質や抗菌薬で治療し、3〜5日ほどで熱は下がりますが、治療が遅れると入院が必要なこともあるので早期の治療が大切です。

女性は、尿道長が短く、膣に細菌が定着しやすいことから、大腸菌などの細菌が尿道口から侵入しやすいため、男性に比べ尿路感染症が起こりやすいとされています。生理で衛生管理が一時的に難しいことや妊娠期に尿の流れが悪くなる(子宮が大きくなることで尿管を圧迫する)ことも要因として考えられています。

腎臓結石

腎臓から尿道につながる尿路に結石ができる疾患で、結石のある部位によって腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分けられます。結石が腎臓内にあるうちは、特に症状はありませんが、尿管に落ちてくると突然、わき腹や下腹部、腰の後ろ側などに刺し込むような激痛が起こり、発熱や吐き気、嘔吐を伴うこともあります。

また、腎臓の機能が低下したり、炎症を起こしたりする場合もあります。4ミリ以下の小さい結石であれば、薬剤を使い自然に体外に結石が出る排石を待つ保存療法が基本になります。
10ミリ以上の大きな結石や、自然排石が難しいと考えられる場合には、体外衝撃波結石破砕手術(ESWL)やレーザー砕石器などを用いた内視鏡手術が行われます。

腎臓結石は再発しやすいので、定期的に検査を受けることも大切です。